注目を集める写真を撮るための2つの心得

人々の注目を集める写真を撮るには、2つの心得があります。
写真が並んでいても、スルーされる写真と、注目される写真は、
何が違うのでしょうか。

テーマを決める

注目を集める写真を撮るための2つの心得、その一は「テーマを決める」です。

なんとなく写真を撮影するというのもありですが、テーマを決めて望むことで、今まで撮影できなかったものが撮影できるようになります。

今日のテーマを決めて撮影するのもいいですし、
一年かけてそのテーマを追い続けるのもいいですし、
生涯のライフワークにするのもいいでしょう。
難しく考える必要はありません。

例えば

  • 今日の散歩道を街路樹を中心に撮る
  • バラが見頃になったので、○○公園のバラを撮る
  • ○○海岸の珍しい貝殻を探して撮る
  • キノコを採らずに撮る
  • 巣を作ったツバメの子育てから巣立ちまでを撮る
  • 建設を始めたビルの完成までを毎日定点観測する。
  • 一日一枚猫の写真を取り続ける

Exif_JPEG_PICTURE

という感じで、何か、テーマを決めてカメラを持っていきます。

そうすることで、意識して被写体をよく観察することになるので、
その被写体の魅力的な部分が、良く見えてきます。
そして、テーマがあることで、そこにあなたのオリジナリティが生まれます。
これが、注目を集める写真を撮るための2つの心得の一つです。

写真のコンセプトを決めて撮る

注目を集める写真を撮るための2つの心得、その二は「写真のコンセプトを決めて撮る」です。

すこし難しくなりますが、
「なぜその写真を撮るのか」
「何を表現したかったか」
「その写真で何を伝えたいか」
「見る人にどのような印象をもってもらいたいか」

・観光で来日した外国人の方に、パンフレットに載っていない、
 秘湯温泉の魅力を伝える為に、○○温泉を中心とした、
 自然と、食材を魅力的に撮影して、観光PRのSNS発信をする

Exif_JPEG_PICTURE

とか

ちょっと大げさでしたね
これはどうでしょう

・ありふれた日常をありのまま撮影し、そのありふれた日常に幸せを感じる
 ほんわかしたフォトブックを作りたい
とか

・発売日にゲットした、カメラの性能を駆使し、
 高精細な風景写真を撮影して、その精緻な描写力をレビューしたい
 (要は自慢したい)
_dsc5886
とか

・我が家のクーちゃん(例としてチワワとしておきます)の可愛さは世界一。
 そんなクーちゃんの、感涙不可避な激カワ写真で、100万「イイネ」もらう。
 (親バカ炎上覚悟 www)
でも、この可愛さは注目を集めますよね。
などなど
これが、注目を集める写真を撮るための2つの心得の、二つ目です。

テーマとコンセプトを決めて撮影することで、撮影が楽しくなりますし、
仕上がりも変わってきます。
そして、写真撮影のモチベーションも上がるので、
カメラが机の引き出しに、しまいっぱなしになることもないでしょう。

あなたの個性を感じる一枚から、世界に共感される一枚まで、
発想を広げて、最高の一枚を撮影しましょう。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)