カメラテクニック

カメラの機能はもう既に完成しきっているのではないかと思うくらい進化してます。
でも、毎年のように、新しい機能のカメラが出てきていますね。
そして、舌を噛みそうなテクノロジーの機能が搭載されています。
それもこれも、シャッターボタンを押すだけで、良い写真がとれるように、
カメラメーカーさんが頑張ってくれているんですね。

ほんとに、全部カメラ任せで、ほぼ、ちゃんとした写真が撮れます。
でも、なぜ、ちゃんとした写真になるのかを理解すると、
ちゃんとした写真から、素晴らしい写真にドレスアップすることができるんです。
そして、舌を噛みそうなテクノロジーをうまく使うことができれば、
すご~い 写真が撮れたりします。

早速、カメラテクニックの記事を見る

 構図を決める5つのステップ

 レンズの画角と特徴

 注目を集める写真を撮るための2つの心得

 露出の決め方3つの基本

カメラの種類によっても、撮影のテクニックを使用することによって、
様々な良い写真を撮ることができます。
自分の持っている写真は安いから、それなりなんだよね。
ってことはありません。
世の中の写真を見て、カメラの機種名が分かりますか?
実は、写真の美しさは、カメラの値段ではありません。
高いカメラは、自分の好みにあった写真にするための、細かい設定が可能だったり、
効率良く写真を撮る為の高速化の仕組みだったり、それが、値段に結びつくんです。
そのため、ニュースカメラマンは効率の為に高いカメラ、大きなズームレンズが
必要なんです。

ニュースカメラマンではない、撮影に時間を少しだけ多く取れるのであれば、
高速処理の機能は必要ありませんか。
きれいに映るレンズがあればいいんです。
そして、テクニックを持っていれば、レンズの数も少なくて済む場合もあります。

昔、彼は写真がうまい と言われる人がいました。
マニュアル撮影のカメラの場合、いろいろ設定が必要だったので、
設定があっていないと、暗い写真だったり、明るすぎで真っ白な写真になったり。
レンズキャップを撮り忘れて、そもそも写ってなかったり。
そんな時代には、経験と勘が、写真撮影の成功に重要な鍵を握ってました。

もし、そんな、写真撮影の知識と、勘を持つことができたら、
いろんなカメラで遊ぶことができます。
そして、シャッターを押すだけのカメラでも、ちょっとした設定の調整で、
とても良い写真にドレスアップすることもできます。

まずは、オート機能のちょっとした特徴を知ることによって、
写真をワンランクアップしてみる方法を試してみてください。

写真が美しく変わると楽しくなってきます。
いろいろい試したくなってきます。
写真ライフを満喫するために、いろいろテクニックを仕入れてください。

最新記事、カメラテクニック

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする