古くても、いいものはいい

札幌の街には、意外と古い建物が多いです。
観光名所としては、時計台や旧道庁の赤レンガ庁舎
とても雰囲気があります。
(一説では、日本三大ガッカリ!という人もいたり)
ビール工場なども、古い建物がそのままのされたりしてます。

保存活動が盛んな、札幌軟石で作られた建物も、
市内のあちこちで見かけることができます。

写真はそんな札幌軟石の元倉庫を、
ギャラリーとして使用され、残っている例です。
最近驚いたのが、東京駅のまさかの復元です。
周辺の開発が進んでいますが、
明治期の駅舎をそのまま復元するとは思いませんでした。
やはり、古いものでもいいものはいいんです。
私の趣味のカメラも、クラシックカメラばかりです。
60年前のカメラです、と言われても、
見た目のデザインはレトロですが、
頑丈にできていて、大事に使用されているものは、
本体も綺麗で、現役で、写りも最高です。

古くからベストセラーで、読み継がれているビジネス書。
これも、時代が変わったんだから、もう意味ないでしょ。
と思ったら大間違いです。
本質をついたノウハウは、まさに現役です。
現代人が忘れている、大事なメッセージだったりします。
たまには、上質の本質をつかむために、
古き良きものを訪ねてみるのがいいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)